• choord

露呈するグローバル化の功罪

最終更新: 3月6日

コロナウイルスにより日本社会の様々なセクターに綻びが露呈し始めている。


https://jp.reuters.com/article/japan-coronavirus-column-tamaki-idJPKBN20F1AR ロイター


厚生労働省の発表や後手後手とも取れる対応、

そして、イベント等の自粛や開催の可否判断などなど。


グローバル化により人やお金、ものが自由に短時間に出入りする

利便性を享受する一方で、

コロナウイルスを始めとする感染症という負の側面も短時間に流入する。


効率を追求することが是とされる世の中では、

このような感染症が流行した場合、防ぐ手段は後手後手に回らざるを得ない。

経済的にはいつ発生するか分からないことに備えることは「合理的」ではないからだ。

そういった、非効率とされる事柄は政府に押し付けられ、

うまみのある部分はグローバル企業が合理的に奪っていく。

そして、後手後手の内閣などは政治献金を受ける形で大企業の手先という一面もある。


グローバル化したことによる弊害は突発的な出来事の際に露呈する。

今後もおそらく継続するであろう。


今後向かうべき方向は

行き過ぎたグローバル化の流れに歯止めをかけることだ。

その手段は単に縮小させることではなく、

権限を委譲させることだ。


例えば、対外的な対応は中央集権的な政府が行い、

その他は都道府県、或いは道州制など地方政府に移譲していくことだ。

日本列島は南北に長く、場所により風土や文化が異なる。

それらを一元管理することに元々の問題点があり、露呈している原因になっている。


そろそろ霞が関や永田町を中心とする社会体制を見直すべきではないでしょうか。


弊社オルタナティブ無垢フローリングはグローバル化に一石を投じる仕組みです。

利益を求めるだけの在り方には限界がある。

持続可能性の社会を構築するための取り組みです。








11回の閲覧
  • Houzz社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Pinterest - White Circle
  • Instagram - White Circle

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。