• choord

ミャンマーチーク成長 その2


先日のブログに記載した3.3mまで成長したチークの続きです。

この植林地はヤンゴン市内から北へ約110キロほどにあります。朝5時に出発し、車で3時間、バイクで30分、徒歩で20分程度かかりました。

滞在先のホテルからは植林の手配を行ってくれた組織のミャンマー人であるSoe Naing氏に運転して頂き、途中からはバイクタクシーに乗り換え、ここから植林地を管理している農民の方に先導してもらいながらかなりの悪路を進み、彼らの住まいと思われる場所に到着しました。

農民の方におやつを振舞われ、しばしの休憩後に徒歩で植林地に向かいました。

途中、小川が流れており、そこには鉄骨の簡易な橋が何本か掛けられて、落ちたらちょっと危険な高さでした。

橋を渡った先には農民が飼ってると思われる牛が草木を食んでいました。

牧歌的な風景を横目に見ながら進んだ先に植林地があります。

全体で150本程のチークが植林されていますが、

大半は2mくらいの高さに留まっています。

成長の早いチークもあれば、遅いチークもあり、人間と一緒で個性があるようです。

私の左側が植林して頂いた組織の今回の案内人であるSoe Naing氏、

右側が植林地を管理している農民の方です。

両氏には朝早くからオルタナティブ無垢フローリング事業の一環である植林の生育状況確認にお付き合い頂き感謝いたします。

SDGsの更に先の取り組みを今後も続けていきます。

弊社は「建築を編集する」設計事務所として持続可能性を追求していきます。

オルタナティブ無垢フローリング事業にご賛同頂ける方は是非アンケートにご協力お願いいたします。

#ミャンマーチーク #オルタナティブ無垢フローリング

9回の閲覧
  • Houzz社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Pinterest - White Circle
  • Instagram - White Circle

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。