• choord

「世界的エンジニアの苦言」への苦言

最終更新: 2019年12月15日


世界的エンジニアとされている人の記事があまりにも拙速なため、少々解説を加えたいと思います。

記事を寄稿している方がこのように理解不足だと読んだ方々が誤解してしまうので、メディア側も厳選して頂かないと「日本を叩き潰す」ことになってしまいます。

https://www.mag2.com/p/news/427486 メガニュース

この記事では物価が2%にならない理由をグローバル化とIT化にあると捉えています。グローバル化により生産が海外に行くことで物が安くなる、IT化でただでサービスを享受できることだとしています。

本当にそうでしょうか?

まずグローバル化。確かに海外に生産拠点が移り安い人件費の元に製品を安くすることが可能になります。

しかし、同時にエネルギー資源が70年代と比べても圧倒的に高騰している点、資源が徐々に枯渇している点、それらで価格も相殺されています。

海外移転しているものは、大抵のものが市場で飽和してるということです。

飽和しているため、企業が商品に価格を転嫁しにくいのです。

つまり、供給能力が需要を上回っているということです。

逆に需要が供給を上回れば、物価は上昇します。

IT化は供給力を高めているという見方もある意味正しいですが、

ITに係わるものが価格を上げているという側面もあります。

この記事には、フェイスブックやグーグルでサービスを無料で享受していると記載していますが、本当にそうでしょうか?

フェイスブックやグーグルは一般消費者に様々なサービスを無料で提供していますが、企業はどうでしょうか。

企業は多大な広告費をIT企業に支払っています。

この広告費が企業の商品やサービスに転嫁されているということに気付かないのでしょうか。

回りまわって企業のつくった商品を購入することでお金をIT企業に支払っているということです。

IT関連はかつては無かった産業です。なかったものが今隆盛を極めており、

それらの商品やサービスが高価なため飽和した市場の商品の価格下落を相殺していることで物価が上昇していないのです。

各国の政府が国債を発行しても物価が上がらない理由にグローバル化やITが関係しているとしていますが、まったく違います。

国債を発行しても、そもそも資金需要がなければ市中にお金が回りません。

銀行からお金を借り使わなければ、経済成長しない、物価も上昇しないのです。

これはサインなのです。

それは、資本主義終焉のサインです。

そう見るべきなのです。

資本主義は投資した以上の資金を得ることで前進する仕組みです。

それがグローバル化を推し進めてきました。

しかし、そのれが限界を迎えているのです。

この記事を記載している「世界的なエンジニア」とされる人はMBAでもあるようです。現在主流の間違った経済学の生んだレベルの低いものです。

それと知らず、MBAをもてはやしてる現状も嘆かわしいものです。

資本主義には持続性がないのです。

弊社のオルタナティブ無垢フローリングは持続性を追求した仕組みです。

弊社は「建築を編集する」設計事務所として持続性を追求していきます。

#オルタナティブ無垢フローリング

3回の閲覧
  • Houzz社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • Pinterest - White Circle
  • Instagram - White Circle

© 2023 著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。