次期FRB議長

November 3, 2017

 アメリカの中央銀行であるFRB議長にパウエル氏が指名されるようだ。

 

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-11-02/OYT0DG6JIJUO01 ブルームバーグ

 

 来年2月に任期満了を迎えるイエレン現議長から現理事の一人であるパウエル氏が議長に就任する。現在の状況ではやるべきことが決まっている。量的緩和を徐々に縮小することだ。つまり、金利を少しずつ市場の様子を見ながら上げていくことだ。

 

 しかし、気を付けなければいけないのはバブルの目が芽生えつつあることだ。リーマンショックの引き金に繋がったサブプライムローンやそれらを元にしたデリバティブが大量に生み出された当時のFRB議長であるアラン・グリーンスパンはバブルの可能性に目を瞑ってしまった。そのような状況にならないかじ取りが期待される。しかし、トランプ大統領の息が多くかかっているこの人事が果たして有効に作用するか疑問が残るところだ。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

November 8, 2019

September 17, 2019

September 12, 2019

Please reload

アーカイブ