次期日銀総裁候補

November 10, 2017

 次期日銀総裁に現スイス大使の本田氏が就任の可能との報道があるようだ。

 

http://www.newsweekjapan.jp/headlines/business/2017/11/202886.php ニューズウィーク

 

 氏は現在首相の経済アドバイザーでありスイス大使でもあるようだ。スイスには国際決済銀行がある。国際決済銀行では世界の中央銀行総裁同士が頻繁に会合を行い、互いの交流を深めている。おそらく黒田総裁の後に本田氏を据えることが当初からの目論見だったのかもしれない。

 

 考え方自体は黒田日銀総裁と同じで、現在の量的緩和を継続することはほぼ既定路線と言ってよいだろう。黒田総裁はかつて財務次官だったこともあり、財務省により沿った対応があり、財務省と距離のある本田氏の方が適任と判断したのかもしれない。その証拠に消費税増税の凍結を示唆している。先の衆院選で与党は消費増税を公約に掲げたために、増税の回避を探る動きがあるのかもしれない。その人事が日銀次期総裁に表れている。

 

 基本的には日銀のやるべきことは既に行われている状態だ。求められるのは政府による財政出動だ。これを行わなければデフレ脱却は不可能と言わざるをえない。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

November 8, 2019

September 17, 2019

Please reload

アーカイブ